祐天寺ファミリークリニック|小児科・消化器内科 祐天寺ファミリークリニック|小児科・消化器内科
目黒区中町2-50-13
メニューを開く

祐天寺ファミリークリニック|小児科・消化器内科

お問い合わせ

50歳以上の方 帯状疱疹ワクチンについて

お知らせ

帯状疱疹※1は、水痘・帯状疱疹ウイルスに感染後、加齢や疲労、ストレスなどにより免疫が低下すると発症します。日本の成人の90%以上は、体内に原因ウイルスが潜伏しており、80歳までに3人に一人が発症すると言われています。

個人差はありますが、一般的に発症後1カ月以内に90%の方が治癒します。しかし、残りの10%の方が帯状疱疹後神経痛※2(PHN)に悩まされます。帯状疱疹の発症率は、50歳以上で上昇し、加齢に伴いさらに増加します。また、PHNへの移行リスクも加齢とともに高くなることがわかっています。

したがって、50歳以上の方には、発症予防・PHN予防のためのワクチン接種をお勧めしております。ワクチンは、最新のシングリックスと、従来の水痘・帯状疱疹ワクチンの2種類があり、どちらを選ぶかは患者さん次第です。

下記の表を参考にし、比較検討の上ご予約いただくようお願いいたします。

帯状疱疹について

※1 帯状疱疹:体の片側の一部にピリピリとする痛みと赤い発疹が出現します。痛みが徐々に増してくるため、日常生活に影響が出ることもあります。耳や目にあらわれるとめまいや耳鳴りといった合併症、重症化すると視力低下や顔面神経麻痺などの後遺症が残る危険性もあります。

※2 帯状疱疹後神経痛:皮膚症状が治った後も3カ月以上痛みが残るものを言います。痛みの感じ方には個人差はありますが、「焼けるような痛み」や「ズキンズキンとする痛み」が続き、睡眠や日常生活に支障が出ることもあります。

Bnr002

BnrInfo01

r

kenshin_banner_yfc

内科・消化器内科
小児科・アレルギー科

ページの上部へ